スマホの方はタップするとそのまま電話がかけられます。

気功、レイキヒーリング、エネルギー整体療法などは、国内ではまだ馴染みの少ない施術法ですが
「だまされたと思って受けてみてよ」と
ご紹介でご予約を頂く事も大変多くなってきました。
 
施術の感想や体験談を頂いていますのでありがたく掲載します。
掲載文がペットと飼い主さんの両方の参考になり
元気になる切っ掛けとなれば、なによりも嬉しく思います。
 
頂いたご感想は宝物です。お寄せくださった皆様本当にありがとうございました。
※お名前などはプライバシー保護の為、匿名としてあります。
※頂いた感想ですので、効果、効能、結果等を保証するものではありません。


NEW
○ペットのケース

瀕死の状態からの回復報告

我が家の生後一ヶ月の猫が突然具合が悪くなり 
緊急で病院に入院しました。
病院の診断は肺炎でした。
一旦、数値が改善したのですが、また低下して入院が長引く状況でした。
あまだ先生にお願いする前に別の気功療法をお願いしたのですが、
悪くなってしまったので、あたらめて探したあまだ先生にお願いをしたのでした。
生後1カ月なので 体が小さくて
体力が無いのでなるべく早く
治るようにしてください
後 ご飯を食べないようなので
ご飯を自分で食べられるようにして下さいとお願いしました。
とても悪くなっていたのでお薬の効きも悪く
病院でもどうして良くならないのか分からないと言われました。
酸素吸入もしていました。
腸内の出血もあるかもと言われて、感染症の疑いも出てとても不安になりました。
それでも、あまだ先生は、とても熱心に気功をしてくださって
細かい報告ももらえて信頼してお願いしました。
気功を続けて、少しづつ元気が戻ってきて、自分で 箱から飛び降りたりしたので
ゲージに戻しての治療をするくらいになりました。
病院の指示で、一旦退院したのですが、あまだ先生の指摘があった通りで直ぐに悪くなってしまったのですが、
また気功で元気になり、
無事に退院させて頂きました。
一時期、とても悪くなっていたので動物病院の先生も
奇跡的だとおっしゃっていたので
回復は、あまだ先生のお陰です。
退院して数ヶ月経ちましたが、あれ以来悪くなることはありません。
本当にありがとうございました。
 
神奈川県在住
Aさん 女性
ねこ


NEW
○ペットのケース

老犬のケアで劇的変化の報告体験

当院の患者様より、喜びの連絡を頂きましたので
体験談として掲載させて頂きます。
 
お散歩が出来ずに食欲も低下している老犬のケアのご依頼の体験談となります。
 
--------------------------------
 
昨日はありがとうございました。

嬉しいことが起こったので、報告させて下さい。

今日、夜勤から帰ってきましたら、ポップがなんと!立ち上がってました‼︎
びっくりして、ポップー!と言って抱きついてしまいました!
帰って来た時は、いつも横になってて生きているか呼吸を確認していましたので、嬉しすぎて涙が出ました。
そして、ご飯も少しだけですが器を近づけると食べてくれました。
昨日とは全然違うポップです。
先生、ありがとうございます。

そして、今までずーっと腎サポートの食事は食べようとせず嫌がっていたポップが、今日はなんと!強制餌食することなく、自分で食べてくれました!
最初は、いつものように顔を背けてしまってたので、ほんの少しのa/d缶を香り付け程度に混ぜずに追加して口元に近づけたら…顔を背けた後にすぐに、ん⁈と鼻をヒクヒクさせてご飯の容器に近づけてきたので、食べやすいように容器を近づけてみました。
しばらく匂いを嗅いで、a/d缶を部分をベロっと舐めたので、あー、a/d缶の部分だけか…と思ってましたら、ガブーっと食いつきまして!
追加で、腎サポート食のみを容器に入れて口元にもっていきましたら、ためらわずに、かぶーっと食らいついてくれました。
今までは、目分量ですが、1日の半分量位を1日で食べてたのに、夜勤から帰って来た後の1食で1日の半分量位は食べてくれた感じです。
嬉しくて、嬉しくて、嬉し泣きのかーちゃんはいっぱいいっぱい褒めました。
不思議なことに、苦しゅうない座りと言いましょうか…私の足の間にポップを挟んで寄りかける態勢で、一見食べづらそうな態勢で食べてくれたのです。
強制餌食をする時の態勢ですが。

排泄も、オムツ内失禁で尿意便意はなくなったのかなぁ…と心配していましたが、今日は起き上がっていつもオシッコをする態勢をしてたのでオムツをみたら、排尿が出ていました!

すごーい!とまたまた褒めたところです。

嬉しいご報告でした。

あまだ先生、ありがとうございます。
 
女性 T.Mさん


NEW
○ペットのケース

免疫介在性溶血性貧血の症状の緩和体験

 
 
フレ ンチブルドック11歳、オスのシローは悪性貧血( 免疫介在性溶血性貧血or骨髄の病気を疑われました) と診断され、 藁をもすがる思いであまだ先生のエネルギーワークをお願いしまし た。

最初の日、シローの体が硬く冷たかったのが、 少し柔らかくなったのような気がして、 先生にお知らせしたところ、捉え方としては良いと言われ、 こんなにすぐに変化があるのかと希望を持ちました。

それでも今後のことに不安でたまらない日もありました。 ありがたかったのは、問診に不安なことや、 変わったところを詳しくお知らせしては、アドバイスや励まし、 対応してますのメール返信で前向きになれた事です。 タイムリーに対応もしていただき、 とても向き合って対応してくださっているのがわかりました。

おかげさまで、病院の治療を卒業できました。
(詳しい検査はあえてしませんでしたが、病院の先生曰く、 免疫介在性溶血性貧血だろうとのことでした)
同じ病気であっという間に治療が終わったよって言う体験談もあり 、私はそれにも救われました。

あまだ先生、ありがとうございました。

 
女性 M&Sさん

NEW
○ペットのケース

25歳の猫の元気回復。心配になるくらい食欲も出ました。

我が家の猫は25歳の高齢です。以前から癲癇で針治療と漢方を続けているのですが、
最近は歩く度によろけて倒れてしまい、一度歩くと座ることも出来ませんでした。
ご飯も支えてあげるのですが、首が曲がって食べずらそうで辛い状況となってしまいました。 
あまだ先生に依頼して遠隔気功を受けてからは、
倒れても自分で起き上がることができ、疲れると座れるようになりました。
ご飯でも首がまっすぐになり食べやすそうです。
 
最近では慢性膵炎が心配になるくら食べてくれてます。
 
おかげでいい猫生を送れるようになりました。
これからもよろしくお願いします。
 
静岡県在住
女性 Kさん


○ペットのケース

腎臓と心臓疾患の体調不調から元気に誕生日を向かえられた報告

約2年前に腎臓と心臓が悪いと言われ、お薬とサプリメントと手作り食で頑張っていましたが、去年の秋頃から体調が優れず、ササミとジャーキーしか食べなくなりあっという間に1kg減ってしまいました。毎日心配で心配でもうどうして良いか分からず、藁にも縋る思いであまだ先生にご連絡したのが、11月の終わりでした。

年を越すのは厳しいかなぁと思っていたら、先生の施術を受ける度に体調が上向きになり、少しずつ食べるようになって、3月無事に18歳のお誕生日を迎えることが出来ました!正直びっくりしています。

ルリは病院が大嫌いでかなり大暴れしてしまい、返ってぐったりしてしまうので、お家で出来る範囲で頑張りたいなぁという思いがあります。タイミング良くあまだ先生に出逢えた事は本当に素晴らしい事で毎日感謝しています。

次の施術はいついつだよ〜!それまでちょっとだけ頑張ってみようね〜!と毎日会話しながら楽しくお散歩もしています。
こうして今ルリと過ごせる時間は本当に神様からのプレゼントみたいで、あまだ先生に出逢わなければ受け取ることが出来なかったと思います。
本当に本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
東京都在住
女性 Tさん


○ペットのケース

○悪性リンパ種の寛解で獣医さんも驚きの連発改善。

年末に我が家のねこが悪性のリンパ腫と診断されました。
・下顎リンパ、浅頸リンパ、左下肢リンパに腫瘤確認(触診にて)
・レントゲン、エコーの結果、腸管リンパにも複数の腫瘤を確認。
 肝臓、腎臓にも腫瘤らしきものが認められ浸潤している可能性あり。
 また脾臓がかなり腫れている状態
・胸水が溜まり始めている
状況との事でした。
当初は年明けに経過を見ながらの治療予定でしたが、獣医さんの予想を遥かに上回る進行スピードだった為に、予定を早め12月30日に抗がん治療を開始となりました。
獣医さんの診立てでは、
いつ死んでもおかしくないという状況
「この1週間くらいがヤマですね」との宣告
そのような一刻を争う状況で、あまだ先生に連絡を取り遠隔気功をおねがいしました。
抗がん剤の副作用の軽減と免疫力アップのために気功の施術をお願いした次第というわけです。
本来なら入院継続の状態なのですが、いつ死ぬかわからない状態なのに
入院中、病院で絶対に死なせたくない(どのみち助からないのなら我が家で)という飼い主の希望もあり、自宅からの通院をしました。その代り、DIC治療で低分子ヘパリンを朝晩注射するために1日2回の通院をすることに。
 あまだ先生の遠隔療法も毎日のように対応をして頂きました。
心配していた食欲低下や元気が無くなるという事もありません。
そして危惧されていた内出血も認められず、気功と抗がん剤の効果もあってか腫瘍がかなり縮み、
下顎リンパなんて、本当にボコボコになってたのに
触ってもわからないくらいになりました。
あれだけテンションダウンで突然死の危険性を説明してくれた獣医さんも
「良かった~~~♪♪」を連発しながら丁寧に診察をしてくれました。
遠隔療法での施術を繰り返すうちに見る見る様子もかわって元気になり
あまだ先生の報告内容も反応の改善があるという報告が増えてきました。
元気になっていく姿を見ていると、お願いして大正解だったなぁと。
そして、動物病院で
血液&エコー検査とレントゲン結果と合わせ、総合的にみた判定は・・・・
ほぼ寛解に近い状態という診断を頂きました。
まだ脾臓の腫れが少し残っているのと、血液検査での数値が
元に戻っていないことから 「ほぼ」という、ちょっと微妙な言い回しになりましたが
獣医さんの口からしっかりと寛解という言葉が出たのがホント嬉しい♪♪
基本、再発ありきで治癒はないリンパ腫。
 
少しでも いい状態で寿命をまっとうできるように
これからも病院の治療と気功療法を併用して
一緒に頑張っていきたいと思います。
 
東京都在住
女性 Tさん


○ペットのケース

遠隔療法で驚くほど早く傷が回復しました。

あまだ先生には、昨年から我が家の猫たちを診ていただいて、とても感謝しています。
くろは4歳の猫です。年末に右の頬のあたりが急に腫れてきて、おたふく風邪のような感じになっていました。外傷はなく歯が原因でもないようで、「もしかしたら腫瘍だろうか..」と心配なりましたが、
事情があり、病院へ連れて行くのがとても困難な状態でした。
一緒に暮らしている他の猫が以前より診ていただいていて、信頼をしているあまだ先生に相談したところ、「大丈夫ですよ」とすぐに返信をくださり、本当にほっとして安心感がじわーっとわいてきました。
そしてお忙しい中でしたが、親身になって対応していただきました。
数日後、先生か診ていただいたように、細菌性のものが原因だったようで、患部より膿が出て腫れがすーっと引いていきました。出口になった傷口もびっくりするほど早くふさがってきれいに回復していきました。
遠隔療法により自宅でくつろいだ状態で受けることができ、心身にやさしく、効果もしっかり感じることができました。
おかげさまで、猫たちが元気になり、穏やかに毎日を過ごすことができています。
 
福岡県在住
女性 Mさん


NEW
○ペットのケース

専門医にも特定不明な目の腫れと脳梗塞後遺症の改善

うちの愛犬、13歳の柴犬のコロは、 約1年前に突然左目が腫れ始め、 ぐったりする事が増えてしまいました。
あらゆる検査や、 眼科の専門医に診て頂いても原因が分かりませんでした。
そんな中、脳梗塞も併発してしまい、 医学の力だけでは限界を感じ、 インターネットでペットの気功をして下さる方を探し、 あまだ先生のサイトを見つけ、 藁にもすがる気持ちで施術を依頼しました。
 
私自身、気功の経験が初めてだったので、 初回は自宅に来て頂き施術をお願いしました。
先生はとても親身にお話を聞いて下さり、 コロの身体と精神の現状を丁寧に分かりやすく説明して下さいまし た。
 
そして施術を続けていくうちに、 1年間常に腫れていた目が開くようになり、 脳梗塞の後遺症も無く、 みるみるうちに活力も復活して1年前の元気だった時のコロに戻り ました!
ほんの数ヶ月前、 寝たきりで目が開かなかったなんて信じられません。
 
私とコロの絆もより深まり、 当たり前の日常がいかに尊い事なのかを噛み締めております。
 
現在も定期的に遠隔施術を続けているお陰で、 コロの体調も安定しております! 
 
信頼出来るあまだ先生に出会えて救われました。
本当に本当にありがとうございます!
 
東京都在住
女性 Aさん


NEW
○ペットのケース

○原因不明の貧血での余命宣告からの回復体験

我が家の猫が7月の末に食欲が無くなり、元気も無いので病院に連れて行き、血液検査をしたらかなり悪く、そのまま入院しました。
貧血がひどく、輸血をしても追いつかず、でも何処からも出血はしていないと言われ…いろいろな治療をしてもらいましたが、2~3日で無理かと医師の方から宣告…
せめて家で抱いていてあげようと思い、連れて帰って来ました。
 
そんな時に友人からあまだ先生を紹介していただき、施術をお願いしました。
施術後のあまだ先生の感想もビックリするくらい悪く、なんとかしてあげたいとの思いで、続けて施術をお願いしたところ、徐々に様子が好転して、ちょうど施術を受けて1週間ですが、凄く良くなり、余命宣告日を過ぎても食欲も遊びもする様に元気になりました。
一時は諦めた命でしたが、先生に施術をしていだき、本当に感謝しています。
こんなに短期間で良くなりビックリしています。
 
猫や犬達は話す事が出来ないので…当たり前ですが…先生に出会えて本当に感謝しています。
お困りの方達に、先生の施術をお勧めします。
本当にありがとうございました。
 
神奈川在住
女性 Fさん
ねこ


 
○ペットのケース

○いつもありがとう。どんどん元気になりました。

 

東京都在住
女性 Fさん
ねこ


○人間のケース

○海外留学中の健康維持での定期遠隔

私は、現在海外に留学中です。実家の猫たちが甘田さんのお世話になっているのをきっかけに、体調管理をお願いしました。日本とは環境も違い、心身のストレスも並大抵ではありませんが、定期的な遠隔の施術をして頂くことで、試験前など大切な時期もどうにか乗り切ることが出来ています。慣れない食事で消化に問題がある時など、早期に回復でき本当に助かっています。定期的に体調を報告、施術をして頂くことで親も安心しています。大切な実家の飼い猫共々今後ともよろしくお願いいたします。
イギリス在住
男性 Kさん


○ペットのケース

足腰がしっかりして元気に動けるようになりました。

 
神奈川在住
女性 Aさん


○ペットのケース

手術目前の頚椎ヘルニアから回復体験


今回、うちの愛犬こうたの回復体験を書かせていただく機会をいただきました。
こうたはボランティアさんから5年前に譲っていただいた犬で、過去に両前足が折れていたことがあります。我が家に来てから治療をして左の前足の骨はくっつきましたが、右の前足首は欠けていてそれはそのまま曲がった形としてくっついてしまい、獣医さんでもどうすることもできないということでした。
今回の回復の話は前足のことではないのですが、前足がやはり普通の状態でないことから体に負担がかかるらしく頸椎ヘルニアになってしまいました。ある日、元気がなくなり、人一倍元気なこうたがシュンとしています。家族も変だ、変だ、と言って、獣医さんに連れて行きました。獣医さんで首を触られるとキャンと泣いて痛がるこうた・・頸椎ヘルニアの病名がつきました。それから、家にいてもちょっと首を動かすだけで痛いのか、首が曲がらなくなりました。こうたは首を自分でも動かさないように固まって首をうなだれたまま散歩をします。家にいるときもビクビクしながら生活していました。何とも不自由ですが痛み止めが効くまで身動きできないのです。痛み止めが効いては、また元気を取り戻し動き出すのですが、ある一定時間しか薬は効かないのでまた蹲ってしまいます。薬を飲んで抑えての繰り返し・・これでは、根本的解決にならない、獣医さんには最悪な場合は手術もあり得ると言われました。もう、前足の手術もしているし年齢も10歳と決して若くありません。
そんなとき、母があまださんを見つけたのです。あまださんの気功を遠隔で受けることをすぐに決めました。こうたは痛がってキャンキャン言っているので、迷っている暇はないほど切羽詰まっていました。でも、結果としてその選択は正しかったです。あまださんの気功を受けて3回目でこうたはみるみる良くなっていきました。毎日飲んでいた薬が3日に一回から一週間に一回と伸びていき、最後には薬を飲まなくて平気になるまでになりました。本人は痛さはもう全く感じて居ないようです。いつものこうたです!!いや・・正確に言うと今までより元気になりました。気功を受けてから、こうたはパワーがみなぎっているのか家の中を、一人でガソリン入れたての車のようにすごいスピードで走り回っています。気功を受けていることを知らない父もその様子を見て「こうたどうしたの?」と呆気に取られています(笑)
今では、こうたと一緒に私も気功を受けています。私自身、これからの変化が楽しみです。あまださんはメールの最後にいつも、こうたくんによろしくお伝えくださいね、と書いて下さっていてお人柄の良さも伝わってきます。とても丁寧なメールでの説明もありがたいですし、お電話も下さったり、大変やさしさの溢れる気功師さんです。これからも私たちはお世話になりたいと思います。よろしくお願いします、あまださん。
それでは、私たちの体験談が誰かの役に立つことを願って・・長くなりましたが筆をおかせていただきます。
 
北海道在住
女性 Eさん


○ペットのケース

○慢性腎不全の数値改善と頚椎ヘルニアからの回復

慢性腎不全の数値改善と頚椎ヘルニアからの回復
こんにちは。
今回も変わりなく元気です。あれ以来痛がることもなく順調です。
2日前に動物病院に行ったときに、私に抱かれながら、後ろを振り向いて他の犬に吠えていたので、また首が痛くならないかとドキドキしましたが、
短い時間だったせいか大丈夫でした。
いつもは患者さんが少ない夕方や夜に行くのですが、この日は予防接種だったので午前中に受診しなければならず、しかもなぜか混んでいて鳴き続け大変でした。
最後には、吠えなくなりましたが、本当にもう少し穏やかな性格になってくれればいいのですが。
 
この日は月1回の血液検査もしました。慢性腎不全なのでいつも尿素窒素とクレアチニンの検査は欠かさずしますが、尿素窒素29,4、クレアチニン1,5でした。
どちらも上限をほんの少しオーバーですが、まずまずこの程度ならよしということでした。こるすてろーるはいつも病院の機械が測れる450をオーバーしてしまい計測不能になるのですが、
この日は珍しく438でした。
 
施術を受けてからは落ち着いており
今回も大きな変化はありませんでした。
 
北海道在住
女性 Eさん


○人間のケース
○ペットのケース

長年の各種治療でも改善しなかった症状からの回復

私は、かれこれ10年以上も不眠が続いていました。
元々日中も指の痺れ、肝臓部位の圧痛が長年あり、
特に睡眠時には指の痺れが強まり、通しで寝たことがありません。
また、夜中に悪夢や日中の気になることで悲鳴をあげると主人にも言われています。
病院や各種の治療法も試しましたが、あまり変化はありませんでした。
あまだ先生の施術を1ヶ月ほど続けて受けてみたところ
回数を増すごとに痺れが治り、日中も気にならなくなりました。
いままで何をしても効果がなかったのですが・・・
現在では夜も眠れるようになり、体調が回復して色々新しいことにもチャレンジ出来る気力が湧いてきました。
 
また、一緒に見て頂いた愛犬の目の炎症も
すっかり落ち着いてほとんど気にならなくなりました。
主人の症状とリンクしているようで大変心配していたのです。
 
家の浄化対応もして頂き、安心して住むことが出来ます。
ありがとうございました。
 
また、何かの際にはよろしくお願いします。
 
 
茨城県在住
女性 Oさん


○ペットのケース

○腫瘍が自壊し出血からの回復

我が家の13歳の雄猫の体験談です。
あまだ先生に相談する5日ほど前から下顎が腫れ、病院へ行ったのですがどうも腫瘍ができているとのことで、腫瘍が自壊し出血しました。
 
動物病院では、麻酔をかけないと検査ができない為、年齢を考慮して病理検査は見送りとなったのですが、
獣医師の診断では、扁平上皮ガンか骨肉腫の可能性が大きいとのことでした。
また、元々、口内の犬歯のトラブルがあったのですが、こちらにも転移している可能性が高いとの診断でした。
 
そこで、まだ猫の体力があるうちにあまだ先生に遠隔での施術をお願いしたのです。
数度の遠隔療法を行って頂いたのですが、自壊した傷口の回復が素晴らしく、担当獣医さんも認める回復ぶりを示しました。
あまりの回復ぶりに、当初は見送っていた犬歯の抜歯と患部の検査を含めた麻酔を使った処置を行うこととなりました。
処置の結果、施術いただいていた下顎に関しては、担当獣医からも「現在の状態であれば問題ない」とのことでした。
口腔内も診察した結果、異常は認められず大丈夫だろうとのことです。
現在では、最初に担当獣医から言われた言葉が嘘のように回復してきて
今は傷口にうっすらと毛も生えてきました。
 ガンであれば、周りの組織も破壊されるので毛が生えてくることはないと思うのですが
自壊直後のキズの状態は、膿瘍とは思えないキズだったんです。
 
獣医さんも、膿瘍の傷口ではない、しこりもあるし腫瘍の可能性が高いと仰ってましたし。
最初の段階でちゃんと検査をしてないので、本当のところはどうだったのかはわかりませんが
今になって比べると本当になんだったんだろうなぁと不思議に思うばかりです。
担当獣医さんも「腫瘍じゃなかったのかな?かなり重度の炎症(細菌感染)だったのかなぁ?」と不思議がっていました。
兎に角、驚くことばかりです。
 
現在食欲も以前に増して元気いっぱいになりました。
この度は本当にありがとうございました。
また何かの折にはお願いしますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 
追伸

 

前回、施術していただてから早5か月が経過しましたが

 

あれから再発もなく、 抜歯後の経過も良好ですっかり元気になりました。(*^^*)

 

体重も増え、 体つきもしっかりしてきて以前よりも若返った感じです♪

 

本当にその節はありがとうございました。<(_ _)>
 
 
東京都在住
女性 高橋さん


○ペットのケース

○ステロイドも中止して病院の過去最高の回復

我が家のマルチーズ、ぼん吉は、免疫介在性溶血性貧血と病院で診断されました。病院ではステロイドの治療のみ。医薬品に抵抗がある私は、セカンドオピニオンで他院の治療も続けたのですが、ネットで検索してあまだ先生に施術を依頼しました。施術を数回重ねて行くうちに病院の検査結果が改善。病院でも驚くほどの短期間での改善で、先生が言うには過去最短の改善速度というお話でした。途中、私の考えでストロイドは中止したのですが、その後もぽん吉は、さらに数値が良くなり、治療を卒業になりました。最終的に血液検査では、どこも異常がないだけでなく、ステロイドを1ヶ月間飲んでいなかったのに赤血球容積率がまた上がったのです。
現在、本人の元気度も耳などの血色もかなり良い状態を保っています。
獣医さんも喜んでいました。予定よりもかなり早い卒業ですがとおっしゃっていました。
これでしばらくは安心していいそうです。ただ、血色のチェックは今後もしてくださいとのことでした。
あまださんに気功をお願いして、安心してセカンドオピニオンの治療もステロイドもやめることができましたし、おかげさまでこうして治ることができました。本当にありがとうございました。
 
千葉県在住
女性 Iさん


 ○ペットのケース

○角膜の再生が成功して手術が回避できました。

こんにちは。お世話になっております。
我が家の犬の右の目に何かが入ったらしく
病院で診てもらった結果は、角膜がキズついていて炎症が起きているという診断でした。
病院で治療を続けましたが回復もとても遅く、回復の仕方も悪いでのです。
角膜が再生するのですが、眼球にきれいに付かずペロペロの隙間が出来た状態で再生してしまうので、一週間に一度傷口をわざと傷付け、再生力を促す外科処置を三回もやり、自分の血清を点眼する治療をしていますが、今日も病院に行ったばかりですが、全く改善しません。
お医者さんも何故きれいに回復しないのか分からないとの事です。これがまだ続けばいよいよ手術をしなければいけないと言われています。犬の方も右目が辛いらしく、点眼は物凄く嫌がります。かきむしり防止のカラーをやると一時間位同じ格好でずっと固まっています。相当のストレスがかかっています。
本当に辛い状態で、施術をお願いしたところ、改善がありました。
病院で右目の診察に行きましたら、一週間前までずっと治らない状態から一変して、ほぼ完治状態まで回復していました。もう通わなくてもよいとの事です。お陰様でありがとうございました。お世話になりました。
 
静岡県在住
女性 Yさん


○ペットのケース

○乳腺腫瘍の手術回避と愛犬との親密感。


先生に施術をお願いするようになってから
我が家の犬はとても精神的に落ち着いてきました。
 
七里ガ浜に引っ越して来て仕事を始めた当初は、
粗相が絶えずお互いにストレスで、
そんな中で乳腺の腫瘍が発覚したりして困っていたんです。
当初は、腫瘍の手術の選択もありましたが、
なんとか回避する事が出来ました。
 
現在、生活が落ち着いたこともあるでしょうけれど、
なんというか私に対する信頼感とか親密感が増して、
一日中留守番でも安心していられるのです。
 
先生の施術を受けるようになってから
なんだか愛犬からから伝わってくるエネルギーとか
気も強くはっきりしてきました。
 
私の体験談が誰かの助けになりますように。
 
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
神奈川県在住
女性 Mさん


○人間のケース

○頸椎骨折、脊髄損傷、肩、顔、多数骨折緩和の体験談

 

私は、以前にもお世話になっていましたが

今回は、離れて暮らしている弟のことでお世話になりました。
 
弟は、仕事中に事故に会い、今名古屋の病院に入院となりました。
状況は深刻で、頸椎骨折、脊髄損傷、肩、顔、多数骨折があります。
自発呼吸が困難な為、人工呼吸器をつけている状態です。
意識はあるのですが痛みで動く為、それを抑制するために、お薬で意識を飛ばしている状態です。
命はとりとめているようです。
 
病院の医師からは、命があるかどうかもわからない、
助かっても寝たきりになるかもしれない状態とのことでした。
以前、お世話になったあまだ先生に連絡を取り、
神奈川から名古屋に向けて
緊急の遠隔療法を何度か行っていただきました。
 
親を含めて、家族も回復に関しては覚悟を決めていたのですが
早速回復の兆候が現れました。
まず、最初の施術していただいた翌日に人工呼吸器が外れ
車イスに乗せられて移動もできるように回復をしました。
その時の状態は、タンをとるための機器はついているので
声を出すことはできないのですが、口を動かして会話をしたがっているようでした。
ただ、首の骨がしっかりつながるまで3ヵ月は移動できないことは、かわりありません。
痛みは薬でおさえているようです。
 
 
間もなくして、集中治療室から一般病棟に移りました!
病院の医師の話では首の骨が完全につながるのを待つだけで、
病院での治療はもうないとの話で、あまりの回復ぶりに先生も驚いていました。
ベットから車椅子への移動もなんとか自分で出来、歩行器を使って10メートル程歩けたのです。
 
食事もゼリーを時間をかけてですが少しずつ飲み込んで、練習が出来るようになりました。
また、チューブを使って胃に直接、流動食を流し込んだりと順調な回復です。
 
 
繰り返し遠隔療法を行っていただいた所、
昼間はタンの除去装置をはずしているようでしゃべることができるようになりました!
意思を伝えられるようになったので、少しは精神的に楽になった印象もありました。
足に関してもだいぶ動くようになりました。
それでも、まだ、ひどく痛みがあるようで、薬を使いながら堪えている状況になりました。
 
その後、1ヶ月くらい待たないと入れないと言われていた
リハビリ専門の病院に転院が決定です。こんなに早く空きが出てラッキーでした‼
すべてうまくまわっていて怖いくらいです(笑)
 
 
現在、事故からちょうど1ヶ月ほど経ちました。当初の状況から考えると、この回復ぶりは奇跡としか思えません。
命があるかどうかもわからない、助かっても寝たきりになることを覚悟していました。
そんな状態から、病院の先生も驚くほどの回復ぶりで
普通では考えられない状況のようです。
 
早い段階であまだ先生にお願いして本当によかったと思います。
状況に合わせて、緊急の対応もして頂きました。
いくら感謝しても感謝しきれないくらいです。
本当にありがとうございました。
 
福岡県在住
Yさん


○ペットのケース

○腎不全の緩和の体験談

当院には、様々な症状の対応依頼がありますが、

ご依頼者自身もヒーリングの知識や感受性が豊かな方もいらっしゃいます。
今回は、ご依頼のペットのオーラエネルギーの改善の体験談です。

 
-------------------
その後の○○ちゃんですが、少し食が戻り

昨日から少しずつ療法食を食べています。

美味しいようで、気に入ってくれたみたいです。

ただ、まだ食が細いのが気になります。

できれば体重が戻るようにもう少し食べて欲しいです。

 
今日、再度の尿検査をしました。

相変わらず、尿の回数と量が多いのが気になりますが、

「クレアチニンが高いけど、はっきり腎不全とはいえないグレーな状態」
という診断となりました。
 
○○ちゃんのオーラは、以前と比較して少し綺麗になっている気がします。
初めて、○○ちゃんのオーラを見せてもらったとき、
私のヒーリングでは、太刀打ちできない気がしました。
先生はやはり凄いなあと思います。
経験を積んだプロの方は違いますね。
先生にお願いして良かったです。
 
岡山県在住
女性 Oさん
--------------------------------------
 
当院では、患部以外に全体のバランス調整も重視する事から
・経絡バランス
・チャクラバランス
・オーラ層バランス
の調整を必要に応じて行っていますので
様々な改善を実感されるケースも多いようです。


 ○ペットのケース

○愛犬と迎える誕生日の感謝のご連絡

皆さん
こんばんは。
当院には、様々な方からのご相談や受診が多く有りますが
特に多いのが、余命宣告や進行性の病気でのご相談です。
 
受診されているペットの飼い主さんから
今年もお誕生日を迎えられた喜びと感謝の
ご連絡を頂きましたのでご紹介致します。
 
----------ここから---------------
 
どうもありがとうございました。
今日、16歳を無事に迎えることが、
できました(^-^)
午前中に、桜を一緒に見て来ました。
 
1月に、あまださんにご連絡した時は、
誕生日を一緒に過ごせないと
思っていました。
 
一日も多く、愛犬と一緒に
過ごせたら嬉しく思います。
これからも、よろしくお願いします。
 
茨城県在住
女性 Sさん


-----------ここまで---------------------
 
寿命に関しては、神様の世界なので
私には、なんともわかりませんが、
病気の時は、何もしなければ、何も改善する事が無く
むしろ悪くなってしまうかもしれません。
 
施術を通じて、新しい変化がおこり、生きている限り、少しでも元気に、少しでも楽に
そして、少しでも長生き出来るお手伝いができれば幸いです。


○ペットのケース

○犬の悪性腫瘍の闘病途中報告

あまだ先生、こんばんは。
昨日は施術ありがとうございました
 
前日から眠れず、辛い思いをしておりましたので、施術が終わった頃から少し眠れる様になり、ホッとしました。
 
夜、また辛い状態になり、
とうとう朝まで眠れずにいました。
 
苦しいよぉ…苦しいよぉ…
 
とでも言っている様な顔で私に訴えかけていて、お叱りを受けそうですが、私の心もあっちに揺れ、こっちに揺れの状態でした。
 
積極的治療をするまでの体力回復にはまだまだ時間が必要で、腫瘍は待った無しに進行して、目頭の破裂も腫瘍による圧迫なのか?
だとしたら、もう、何が出来るのか
 
どうしてあげれば良いのか分からず、何とか楽になる薬はないかと
動物病院にチビを連れて行きましたら、院長先生がいらっしゃって、
 
方法は、放射線か抗がん剤の2つであること。
放射線は今の状態では難しい事、
 
でも、抗がん剤はやる価値があるのかもしれないとおっしゃいました。
 
院長先生は、初診の時だけで、その後は若先生だったので、一ヶ月半以上経っての診察だったのですが、なにより癌の進行が最小限に抑えられていると驚いておいででした。そして、
 
「本当にこの子は頑張っているよ。
今生きているのが不思議な位、僕は経験上、こんな例は初めてだよ」
 
「しかも、自分で歩いて、力ずくで引っ張る力まであるとは…」
 
「鼻腔腫瘍であの状態だったら普通一ヶ月なんてもたないんたよ。
 
僕は非常に驚いているし、これは、この子の頑張りと、君の頑張りだよ」
 
と、おっしゃって下さいました。
 
 
いえっ!!
これは、我が家の犬の頑張りと、気功のお陰なんですっ!
 
って、喉まで出かかりましたが、主人にバレると厄介なので、ぐっとこらえました。
 
 
当初、苦しい治療も辛い検査も、もうやめて苦痛を出来るだけ和らげてあげましょう。
 
と、話されていた院長先生。
 
その時、日数はおっしゃいませんでしたが、凄く短い余命だった様です。
 
今日の検査の結果次第で、来週にも抗がん剤治療を開始いたします。
 
今現在の息苦しさも、急な気温の低下も関係しているかもしれないから、心配せずに結果を待ちましょう。
と、話されました。
 
あまだ先生、先生を信じて本当によかった。
 
まだまだ困難な道のりですが、これからも、どうか宜しくお願い致します。
 
 
 
新潟県
Nさん
女性


○ペットのケース

○犬の白内障の改善報告

あまだ先生、
こんにちは(^^)昨日も 施術ありがとうございました。
 
先ほど 動物病院から帰ってきました。
ジュリーの白内障 検査してもらったら ほぼ進行してないと診断されました。
それだけでも 嬉しかったのに 右目のほうはむしろ少し良くなってるといわれました\(^-^)/
とっても嬉しかったので 報告させてもらいました。
あまだ先生、ありがとうございました。m(__)m
これからも どうぞよろしくお願い致します。m(__)m
 
大阪府在住
Mさん
女性


○ペットのケース

○犬の僧房弁閉鎖不全症の回復事例

我が家の犬のテディが僧房弁閉鎖不全だと診断されたのが2012年1月
心音が6段階の6、一番悪い状態と言われました。
しかし、目に見える症状は一切なくて信じられませんでした。
普通ならせき込んだり、貧血を起こしたりするのですが
一切ないのです。
なので発見が遅れました。
エコーやレントゲンをとると、やはり診断通りでした。
 
ここから我が家とあまだ先生とのお付き合いが始まりました。
 
そのほかに熊本から漢方を取り寄せたりしました。
 
あまだ先生には、初期の段階は底上げが大切との事で、
は毎週来ていただいて、テディの免疫力と治癒力を整えていただきました。
うちにはもう1頭ビーンという犬もいるのですが、
こちらの犬もヘルニアをやったことがあるので
何回かに1回はビーンにも施術していただきました。
 
まず、ビーンに関してあまだ先生から指摘があり脾臓に違和感があると言われて
病院で検査したら腫瘍と内出血が発見されました。
病院の先生のお話では、殆どの場合、発見が遅れて手遅れになるケースも多いそうです。
幸い早期発見で手術をしたので完治しました。
また、脾臓の腫瘍は悪性が多いらしいのですが
ラッキーなことに良性でした。
 
ビーンの退院後に
今度は
テディが前庭疾患になったりしましたが
定期の施術とは別に追加の施術していただきました。
 
前庭疾患は1回やるとけっこうそのあとも
なってしまうとネットで見たのですが
テディは1回だけで済みました。
これも
施術のおかげだと思っています。
 
1年後の今年に入ってから
心臓でお世話になっている獣医の先生が、
「あれ?なんか音がよくなっているよ!
ふつうこの病気は進行を遅らせることしかできないから
こんなことありえないんだけどなぁ」
とびっくりしていました。
その際には、6段階の4くらいとのことでした。
 
「目に見える症状がないからわからないかもしれませんが
本来は、散歩もさせなくていいくらい悪いんですよ」と
言われていたのに獣医さんも驚く回復をしていたのです。
 
確実にあまだ先生の施術は効果があったのです。
初めて施術を開始してから定期で続けて、
1年の間にテディの自己治癒力が上がってきたんですね。
漢方もずっと飲ませていたので相乗効果もあると思います。
 
そして9月
獣医の先生が
「この子、テディさんですよね?
もし初見だったら心臓病だとは分からないくらい
音がよくなっています!」
と言われました!!!
 
念のためもう一度聞いていましたがやっぱり
「よくなっています」
 
心音だけで判断はできませんし
弁膜症は治るモノではないのも充分わかってはいますが、
2年近くあまだ先生の施術を受けていますが、
・僧房弁閉鎖不全
・脾臓の腫瘍
・前庭疾患
と乗り越えて来られて、本当に良かったなぁと思いました。
 
テディは14才半、ビーンは14才
まだまだ元気で長生きしてもらわないと。
 
これからも先生にはずーっとお世話になりますので(^^;;
よろしくお願いします。
 
神奈川県在住
とみかわ ひろへさん
http://hirohe.kiraku-ikiiki.biz/
女性


○ペットのケース

○体調が安定して病院通いがなくなりました。

東京都在住
Jさん
女性


○ペットのケース

○ねこの痴呆症状の回復

実家で飼っている15歳の猫コタが突然呆けたと実家から連絡がありました。
 
今まで病気らしい病気もしたことがない子が何故?と、母の言葉を信じることが出来ませんでした。
 
実家にいってみると
真っ直ぐにしか歩かず、呼んでも反応なし。
障害物を避けようともせず、座ることもせず、ずっと歩き回る。
歩き疲れてその場で横になり寝る。
起きるとまた歩き回るの繰り返し。
あちこちでお漏らしをしてしまうせいか室内はオシッコ臭が立ち込めてました。
目は正面しか見ておらず、全く回りを見ない。
本当に呆けてしまったんだと愕然としました。
 
病院に連れて行っても呆けでは歳のせいで済まされてしまうだろうと思いました。
幸い、エネルギー療法とその効果を知っていたので、エネルギー療法で動物の治療をしてくださる先生はいないか?とネットで調べて見たところ、あまだ先生のサイトに辿り着きました。
すでに真夜中ではありましたが、メールで先生はご親切に相談にのってくださり、コタの治療を先生にお願いすることにしました。
 
治療はまずは2日おきに施術し、5回1クールでやっていきましょうと、最初にコタの写メを見て先生が提案してくださいました。
 
一回目の施術が終わり、
コタの様子を見にいくと、頭を撫でてあげるとゴロゴロとノドを鳴らしてくれるようになりました。
先生からの施術報告に目が見えてないのではないか?と指摘されてました。
よくよく観察すると確かにあまり見えてない様子でした。ほかにもストレスが酷く溜まっている状態であることも指摘。
 
二度目の施術後は、座るようになりました。
 
三回目が終わると、ゆっくりとこちらを見るようになりました。庭をじっと見ていたり。私の呼びかけにも返事をしてくれるようになりました。
目が見えるようになった。
 
四回目には、ほとんど元の状態に回復してました。
トイレも猫トイレで済ますようになってました。
 
先生からもだいぶ状態は良くなって来てますと言葉をいただきましたが、念の為に最初に提案してくださった5回1クールを受けて一先ず施術終了としようと思い5回目も施術をお願いし、無事卒業いたしました。
 
いまコタは暑い毎日にもバテることなく、モリモリご飯を食べて、元気に暮らしてます。
 
 
あまだ先生、本当にありがとうございました。
 
神奈川県在住
Mさん
女性


○ペットのケース

○病院でも見通しが付かなかった犬の難聴の回復

現在14才マルチーズ(オス)がおりまして外耳炎を患っておりましたが、
今年くらいから耳が遠いかなと思っておりましたが、先週辺りから呼んでもわからないようで聞こえていないのかよくわからない状態になりました。
動物病院の診断でも、ほぼ聴こえていないという事で、
今後の回復もわからないという事でした。
困り果てて、あまだ先生にご相談をして、定期的な施術をして頂きました。
数回の施術で、少し様子が変わって来たような印象はありましたが、時々という感じてありましたので、長期戦を覚悟で施術をお願いしました。
続けている間に、徐々に炊飯ジャーの蓋の開く音に反応したりと変化に驚きました。
3ヶ月程、遠隔で施術を承けた結果、現在ではこちらの呼びかけにもしっかり反応し、以前の様子と変わない状態まで回復する事が出来ました。
あまだ先生には、親身に対応をして頂き、本当に大変お世話になりました。
先生の益々のご活躍を影ながら応援しております。
本当に長い間お世話になりありがとうございました。
 
東京都在住
Kさん
女性


○ペットのケース

○カードのエネルギーに惹かれて大集合するわんこたち

当院ではエネルギーカードというものを
必要に応じて無料で、お渡ししています。
浄化力の高い良いエネルギーを入れているカードなのですが、
療法中のサポートグッズとしてお役立て頂いているのです。
お渡しした飼い主さんから次のようなご連絡を頂いたので
ご紹介したいと想います。
----------------
カードありがとうございます。
カードをぶるっこ達の布団の下に敷いてしばらくしたら全員カードの上で寝てたんです!
 
本当にびっくりしました!
 
びっくりし過ぎ泣きそうですw(゜o゜)w


○わんこたちの集まっている下辺りに敷いたそうです。
 
良い物をありがとうございます。

 

岡山県在住
MCさん
女性


○ペットのケース

○余命宣告の水頭症のわんちゃんの元気回復

あまだ様
お世話になります。
最近は体調も良くお外遊びも大好きで時々私に素直に甘えたりもする様になりました。
生まれてからほとんど尻尾をフリフリする事もありませんでしたが最近は時々甘えながら尻尾をピコピコと動かす事もあります。
 
運動神経はドンドン良くなっているようで段差の上り下りもどんどん上手になっています。
噛み付かれる時に逃げ場が無くなってしまいました。
 
元気で居る事が一番ですから良いんですけど・・・痛いです。
 
夏にはこの子の1歳のお誕生日があります。
小さな頃、1歳まではとても生きれないと言われましたが1歳のお誕生日を無事迎えることが出来るんじゃないかと今では希望でいっぱいです。
 
エネルギー治療を始めて本当に良かったと思っています。
今後とも宜しくお願い致します。。

 
 

岡山県在住
Cさん
女性


○人間のケース

○インフルエンザの対応をお願いしました。

今回、知り合いからの紹介で、息子の遠隔療法をお願いしました。
息子は、受験日間近にインフルエンザにかかってしまい、
体調もモチベーションも低下して困っていました。
 
遠隔療法の翌日、前日には布団から出る事ができなかったんですけど、
起き上がって冷蔵庫をあさってました(笑)
インフルエンザがこんなに早く回復に向かうなんてビックリです!!
 
ただ、元気が出てきたのは良いのですが、部屋を覗きに行くと、
マンガを読んでいました…3日後には入試なのに…(ため息)
 
それから、受験日前にも遠隔療法を行って、体調面と精神面を整えて頂きました。
朝には、元気に受験に行く事が出来ました。
息子は、私立高校を2校受験したんですけど…2校とも合格しました!!
 
インフルエンザと本人のやる気の無さに心配していましたが、無事合格です!!
あの時、知り合いに紹介してもらって、あまだ先生に出逢えて、ホントに私も息子もラッキーでした。
 
息子はあれから気持ちが楽になったのか、前向きになり、明るくよく話すようにもなり、私への接し方も変わりました。
 
あまだ先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

 
 

福岡県在住
Yさん
女性


 

○ペットのケース

○腎臓の数値が正常範囲内に収まりました

私は、通常の施術ではなく、遠隔キャンペーンの時ばかりお世話になっているリピーターです。
先生には、毎回、飼い猫2匹の遠隔をお願いしています。
先日 うちの愛猫2頭の血液検査を獣医さんでしました。
なんと、今回は、1年前と比べて、腎臓の数値が正常範囲内に収まりました!!!
おまけに体重も、2頭仲良く200g減っていて、大変うれしく思い、まずは先生にお礼をと思い、報告させていただきます。
ありがとうございました。
またキャンペーン常連の貧乏客になるかと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。

 
 

愛知県在住
Tさん
女性


○ペットのケース

○脾臓の異常が事前に分かり助かりました。

エネルギー療法でお世話になっているあまだ先生は
うちに初めて来たときから
ビーンの脾臓がダメージを受けている
とおっしゃっていたのです。
そのときは、脾臓 何その臓器?
シニアだから内臓もすこしくたびれてきてるのかな?くらいにしか
思いませんでした。
毎回施術のたびにやっぱり脾臓気になります~と言われていて、
腰のこともあるし、レントゲン撮ってもらったらいかが?
とのアドバイスもあり
ヘルニアで入院してから2年たつし、今回立て続けに腰が痛くなったし、
レントゲン撮ってもらおうかなーと思っていたのでした。
動物病院の先生も、撮ったほうがいいでしょうということで、
レントゲンを撮ってみたら、骨よりこっち
(腎臓のあたり)のほうが気になるので、とおっしゃって
すぐエコーを撮ってもらいました。
腎臓が肥大しているのではないかとの診断でした。
(腎臓と脾臓は近くなのでなかなか見分けがつきにくいそうです)
動物病院ではこれ以上の判断はできないので、
高度医療センターで詳しく検査をしたもらったほうがいいですよとのこと。
予約を取っていただきました。
高度医療センターで詳しい検査の結果
腎臓ではなく脾臓の腫瘍というのがわかって
やっぱり、あまだ先生の気の診断は的確ですごい と思いました。
もう一生ついていこうかと思ったくらいです。
このままレントゲン撮らなかったら、脾臓が破裂するまで気が付かず、
手遅れになっていたかもしれないと思うとゾッとします。
あまだ先生には感謝、感謝です。
テディの心臓病がきっかけでしたが、もっと早く健康なうちから
お世話になればよかったな~。
今回は西洋医学と東洋医学の良さが合わさったおかげで
早期発見につながりました。
高度医療センターの先生には摘出した脾臓も見せていただいて
とってもわかりやすく丁寧に説明していただきました。
とりあえず、手術が成功してひと安心です。

 

神奈川県在住
とみかわさん
女性


○ペットのケース

○血液検査の結果も安定して元気になりました。

神奈川県在住
Mさん
男性
いぬ


○ペットのケース

○糖尿病のサポートをお願いしました。

うちのねこは、ケトアシードス(ケトン体、高血糖、尿糖、体温低下、脱水、貧血など)で病院を受診し、糖尿病と診断されました。それから、2度ケトアシードスと低血糖になり3度入退院を繰り返し、病状が安定してきた頃、私が朝起きるとコタツの中で亡くなっていました。獣医さんの診断では、生まれつきの血液の問題もあったとの事で、本当に大変な闘病でした。家でのインシュリン注射、食事の管理も行ないましたが、遠隔施術をしてもらうと、辛い状態が楽になるのか、気持ち良さそうに目をつぶっていました。私自身も遠隔を受けた事があるので分かるのですが、体の中を温かいのもが移動していくのが大変心地よく眠ってしまったことがあります。だから、うちのねこの体が楽になっていくのは見ていてるだけでわかりました。結果的に、ほとんど毎日遠隔施術を受けていました。入院している時は、体のことだけではなく首輪や差し入れのオモチャをエネルギーグッズ化して頂いたり、ゲージや動物病院自体にも対応をして頂いたり、本当に親身な対応をして頂き、大変に助かりました。
うちのねこの場合は、1歳2か月という若さでなくなりましたが、ねこは病院へ行っただけでも興奮して血糖値が上がったりストレスを受けるので、こういった訪問や遠隔での施術が世の中に広まって一匹でも多くのペットが癒されることを願ってます。今回は、本当に色々お世話になりましてありがとうございました。

 

神奈川県在住
Fさん
女性
ねこ


○ペットのケース

○人間だったら10歳若返ったみたいになりました。

あまだ先生、先日はありがとうございました。
 
お陰さまで キングちゃん、すっかり元気になりました。
 
日々、年寄り臭くなって、
どんどん毛並みが悪くなったり
脚も引きずって歩く事が多くなり、
兄弟達も、老衰で皆旅立ってしまった今
僅かな、変化も死期が迫る想いで私が病みそうでした。
 
でも、それなりに元気で
病気がある訳でなく、高齢だからこんなものと思っていたので、
それに対して、施術をお願いする意識は無かったのですが
 
先生に
「何かあってからでなく、
その前の定期検診とか、
メンテナンスとかが本当は大事なんだけどね」
と以前伺っていたのを思い出し、
 
キングの変化に何かを求める訳ではなく
自分自身が安心する為に遠隔をお願いしたのですが
 
直後の大きな変化はなかったものの
毎日少しづつ どんどん元気になって
いかにも年寄りっぽかった毛並みも 
段々ふっくらとしてきて
なんと、もう生えてこないかなと思っていた
禿げてたしっぽに綺麗な艶つやの毛が生えてきたんです!!
 
施術だけでなく、食事もエネルギーの高いものを選び
酸化しやすいものはあげないなど、気をつけてはいたのですが
こんなに変化が出るなんて、
人間だったら10歳以上若返った感じです。
 
毎日元気に走り回ってます。
 
安心して見ていられるので 私もストレスが減り寿命が延びたかも。(笑)
 
不調な時は、様子を見てる間にお願いしてしまった方が
手遅れになる事も少なく、立ちあがりが早いのは実感していましたが
改めて、メンテナンスの大切さ実感しました。
 
一般的に寿命とされる年齢に惑わされてはダメですね、
ケア次第でこんなに元気に長生きできるんだもの。
 
動物好きとしては、
1匹でも多くの小さな命達に元気に長生きして欲しいから
多くの人に、気功の有効性とメンテナンスの大切さ知って欲しいと想います。
 
東京都在住
エリアさん
女性
リス


○ペットのケース

○遠隔気功で、いつも安心を頂いています。

※元漫画家で現在アクセサリー作家兼、犬の肖像画家の患者さんから体験漫画を頂きました。
ブログ「ayaの宝石箱」

※画像をクリックすると大きなサイズで表示されます。

 
静岡県在住
ayaさん
女性


○人間のケース

○身体の事も家の事も息子の事もお世話になっています。

私があまだ先生と出会ったとき、我が家が自宅建て替えでトラブル続きの時でした。新築の家は、雰囲気が悪く、家族間もおかしな状態になっていたのです。
家族も私も疲れて果てていました。
気功の遠隔療法は言葉は聞いたことがありましたが、正直離れていて何がどう変わるのがろうかという気持ちで半信半疑したが、わらにもすがりたい心境でした。
初めてお電話でお話しをさせてもらったときに、とても癒される話し方をする方だなと思いました。
私自身はとても厄介な体質で、病院で検査を行っても原因が特定出来なかったり、為治療もままならないのです。
あまだ先生は遠隔で私の体質を指摘して下さり、遠隔にて気の通りをよくしてくれました。
不思議ですが遠隔治療を受けている間は温泉上がりのようなぽかぽかとしてリラックスしました。
身体の方も楽になりました。
 
その後、私の勧めで高校生の息子もお世話になりました。
私は息子に遠隔について説明せずに『お話しすると体や心が楽になると思うよ』とだけ話しました。
息子は延々とあまだ先生に思っていることを話していたようです。
その後、遠隔を受けたそうです。
先生は遠隔後に息子の体調を詳しくメールをしてくれました。
気の流れが逆に流れるほど疲れていたそうです。
息子は、次の日から嘘のように精神のバランスが取れて何事にも前向きに取り組み、また偶然、相談した次の日から中間テストだったのですが『すごく頭がスッキリした』と言い親もびっくりする結果も出ました。
 
いまは、自宅の図面を送り波動を整えてもらったりと全てにお世話になっています。
調整後は、家の雰囲気も改善されて、住み心地が良くなりました。
あまだ先生の良いところは常に頼り切りにならないように相談者である私に『まずは自分が変わることですよ』『心配しすぎないことですよ』『大丈夫ですよ』と言葉をかけてくれて自分で頑張る力を与えてくれることです。
(思い癖)と言う大事な言葉も教えてくれました。
息子はあまだ先生に勧められて、整体施術を近所で受けましたが、(遠隔も良いですが、近所で受けられるのであれば、体調維持の為に施術を受けた方が良いかもですよとアドバイスを受けて)
『なんか違う…あまだ先生のほうがいい!全然楽にならない!』と言い今では何かあるとあまだ先生に相談したりしているようです。
親では行き届かない面もあまだ先生にはお世話になっています。
 
まだまだ知られていない気功の遠隔ですが、信頼できる先生と知り合えば、こんなに体に負担なく、また時間も融通がきき気軽に相談できてホームドクターのような存在かも知れないと思います。
 
兵庫県在住
女性
高山さん


○ペットのケース

○アメリカへの遠隔。シェルター保護のうさぎの体調が改善しました。

私はアメリカのロサンゼルスで2羽のウサギと共に生活しています。
そのうちの1羽はこちらでシェルターから引き取った仔なのですが、ある時その仔ペニーちゃんが急にご飯を食べなくなりました。
ウサギの食欲不振の原因は様々ですが、主なものに換毛期に自分の毛を飲みすぎ、胃腸の働きが落ちることによる食欲不振があります。
その際もそれと思い、いつのもように常備してあるお薬で様子をうかがっていたのですが、薬がとうに効いてくるはずの時間になっても一向にペニーちゃんの食欲は回復する様子はなく、隅のほうにジッとうずくまっているだけです。
ウサギの食欲不振は重篤な症状につながりやすいため、どうしようと悩んでみたものの、気づけば現地時間は夜の11時・・・
馴染みの獣医はとっくにクローズしている時間。
そんな時、どうしたものかと必死にネットで情報をさぐっている時にたまたま目についたのがあまだ先生のホームページでした。
もともと病院につれていくこと自体が動物にとってはかなりのストレスになるため、できたら病院には連れて行かず治してあげられる方法はないか?と思っていたところ、あまださんの遠隔療法を知りました。
これはいい!と思いつつもやはり半信半疑だったと言わざるえません。
でもとにかく迷っている時間はない!病気はすぐに治療をしたほうが絶対にいい!と信じている私は思い切ってアメリカ、ロサンゼルスからあまだ先生に国際電話をし、遠隔治療をすぐにやってほしい旨を伝えました。
その際、患者(ペニーちゃん)の写真3枚を欲しいと言われ急いで撮影しメールで送り、早速やっていただきました。
 
その間約20分。
ペニーちゃんの様子をじ~と見ていたらなんと、急にそれまでじ~とうずくまっていた仔が動きだして、それまで一口も口にしなかったご飯を食べ始めたのです。
 
そしてその後は普通にhopしたり、走ったり、と全くいつものペニーちゃんに戻ったのです。
えっ???マジ??とさすがに目の前で起きていることが偶然?と言うにはタイミングが良すぎて、ビックリ・・・・
 
そしてあまださんの指示通りに食べ物や照明、温度などでかなりの改善を測り
ペニーちゃんのストレス軽減にも努めました。
その後もペニーちゃんはシェルターから来たこということもあり、通常より神経も細かく、すぐにストレスを溜め込みやすいので、定期的にあまだ先生に遠隔をやってもらうことにしました。
 
そんな時、ちょうどペニーちゃんに遠隔をしてもらう、お約束をしていた当日に私があることで、かなり精神的に不安定になってしまいました。
もちろん通常通り、ウサギ達のお世話はしていたつもりです。
ところがその時の遠隔の結果は
「佐藤さん、何かありましたか?ペニーちゃんに佐藤さんの精神的なものからの影響がでていますよ!」
と言われ、もうビックリ。
 
私が精神的に不安定になったことはもちろん誰にも話していません。
どうしてわかったんですか~??とこちらが聞きたいくらいでした。
動物は一緒に暮らしていると飼い主の波動を受けやすいそうです。
そう考えると私がしっかりしないとダメですよね。
そんなことがあって以来、あまだ先生には特に問題がなくても定期的にペニーちゃんの遠隔をやってもらっています。
 
やはり動物は口がきけない分、体調の変化に早く気づくことがとても大事だと思っていますので、あまだ先生に定期的に遠隔で治療してもらうことで、小さなトラブルなどにも早めに対処できたらと思っています。
 
アメリカ ロサンゼルス在住
佐藤さん
女性
うさぎ


○ペットのケース

○獣医さんもびっくり。てんかんとヘルニアが改善しました。

その時は突然訪れました。
我が家の愛犬シオが聞いた事のない悲鳴をあげ、よろけて倒れたのです。
私は何が起こったか理解できず
夜も遅かったので開いている動物病院に駆け込みました。
幸い症状はすぐに治まり、もともと悪かった股関節が痛んだんでしょう
との事でした。
その症状は翌日も起こり、今度は夜中と言うこともあり高速を走って救急病院まで連れていきました。
 
色んな検査をしましたが原因が特定できません。
翌日かかりつけの病院で診てもらうと大学病院を紹介されました。
日に日にシオの体調は悪くなり
予約日に大学病院に行った日には自力で立つもがやっとの状態でした。
シオがたおれてこの日まで約1週間・・・
あっという間の出来事でした。
 
大学病院でもMRI等の検査の結果は頸椎の椎間板ヘルニアと
原因が特定できない『てんかん症状』との事でした。
 
『ヘルニア』が原因で『てんかん』が起こっているのか?
『てんかん』が原因で以前から悪かった(飼い主は全く気付いていませんでした・・反省)『ヘルニア』が急性転換したのか?
 
答えは出ません。
 
大学病院の検査の翌日・・ご飯を食べさせようとシオを起こすと・・・
シオは目を開ける事も出来ずただただ小刻みに震えてじっとうずくまっていました。
 
あわててかかりつけの病院に連れて行くと・・・
シオの心拍数は平均の半分以下に落ち込み・・・
不整脈で心臓が何度も止まります。
『何かあったらすぐに連絡をするので携帯電話を常時持っておいて下さい』
獣医さんの言葉にシオはダメなのか!?
ものすごい不安がおそって来ました。
 
その日、色んな偶然(必然)が重なり存在を知っていた『あまだ先生』に問い合わせのメールをしました。
心に余裕が無く簡単な状況しかメールしなかったのですが
迅速に先生から『お力になれると思います。詳しいお話を聞きたいのでお電話ください。』という力強い返信メールを頂きました。
シオはこの日なんとか持ちこたえ帰宅しました。
改めてあまだ先生に電話し詳細をお話しました。
 
あまだ先生とお話ししていると不安に押しつぶされそうな毎日を送っていた私に久々明るい光が見えたように感じました。
シオのヘルニアは日に日に悪化し、
急遽手術が決定しました。
が・・・頻繁に起こる『てんかん』で体力は無くなりかなり弱っていたので
この状態での手術に私はかなり強い不安を覚えました。
しかし・・・
ヘルニアが原因で自力で立つことも困難になってきています。
考える猶予はありません。
大学病院では水曜日が手術日とのこと・・
来院日が木曜日だったため
来週の水曜日に(ここから不思議な流れに変わります)
って事だったのですが、担当の先生がめったにない事らしいのですがこ来週の水曜日だけ出張で居ないということで
2週間後の水曜日に手術が決まりました。
 
自力で立てないシオを見ているのが辛く
『早く手術をして欲しい!』という気持ちと
『術後無事に帰宅できるのか?』という不安が入り混じり眠れない日々を送っていました。
 
ひどいてんかんが起こった後、シオはとうとう四肢麻痺で立てなくなりました。
何が起こっているのか分からないシオはパニック状態で興奮し、またその興奮が引き金でてんかんを起こす。
私は慌ててあまだ先生に状況をメールしました。
先生は・・・『MRIの画像か頚椎を描いた絵でも良いので送信してください』と言われました。
運良く、救急病院に連れて行ったときに頂いたレントゲンの画像がありました(とてもラッキーだったと思います)
先生にヘルニアがある部位を伝えると(レントゲンにははっきり写りこまないので)
直接悪いところにアプローチするとの事・・・
私は何が何だか良く分かりませんでしたが・・
結果・・・
3時間ほどするとヨロヨロとシオは自力で立ち自力でオシッコをトイレでしていました。
 
もうこれには『驚き!!!!!!』しかありません。
 
これを境にシオは少しずつ、少しずつ、快方に向かって行くのでした。
手術当日まだヨロヨロでしたがシオは大学病院の診察室に初めてじぶんの足で歩いて入っていきました。
担当の獣医さんにごあいさつで飛びついてもいます。
獣医さんは『顔つきがいいね!力も出てきている!どうしますか?』と開口一番に言われました。
『はっ?』
私は言われている意味が分かりません。
 
色んな症例を分かりやすく説明していただき、
「自力でここまで歩けて、痛がっていない子にメスを入れる事を進めない」
と言うような事お話され
手術は見送りになりました。
 
信じられない気持ちのまま
私はすぐにあまだ先生に連絡し、お礼を言い
引き続きシオの毎日の遠隔をお願いしたのです。
 
シオは日に日に麻痺もとれていき痛がることもなく
転びながらも欽ちゃん走りチック(笑)に走るようにもなっていきました。
 
『てんかん』は予告無くおそってくるので
その都度先生に追加で施術をお願いし、早め早めの対処をして頂きました。
そうしているうちに『てんかん』が起こっても発作後の立ち直りが早くなり、
発作自体も軽くなっていきました。
 
くじけそうになった時もありますが
シオは確実に『元気』を取り戻し
今ではヘルニアで痛がることは全く無く普通に歩き、普通に走ります!
 
てんかんの発作もほとんど起こさなくなりました。
 
先生との出会いが6月のはじめで今は10月の半ば・・・
この4ヶ月半でシオは元の生活に戻っています。
お薬も飲んでいません。
 
5月の中旬に倒れ日に日に弱り『覚悟』をしたときもあります。
そんな時不思議な『縁』であまだ先生の存在を知り
お願いしたら
手術日が伸び
結果・・シオは寂しい入院生活と痛い思いと辛いリハビリの日々を経験せずに済みました。
 
まだ『不安』はあるので
これからも『シオを』中心に『あまだ先生』『かかりつけの獣医さん』『わたし』でタッグを組み
『チームシオ』としてシオの身体から不安が無くなるまで頑張って行きたいと思います!!!
 
あまだ先生よろしくお願いしまぁ~す(^.^)/~~
 
福岡県在住
しおめいさん
女性


○人間のケース

○1度の施術で骨格バランスが整いました。

私は以前から、腰椎分離すべり症と、足の複数個所の故障によって骨盤に負荷がかかり、根の深い腰痛をかかえていました。
故障した部分を庇うことから歩き方や姿勢にクセがつき、痛みがないときでも負担のかかる力の入れ方をしてしまうため、矯正しても一度では整わないし、気がつくとまた歪みが大きくなるという繰り返しで悩んでいました。
機会があり、半信半疑で施術していただいたのですが、後はかなり楽になっていました。
驚いたのは、その翌日です。
矯正のため通っているタイ古式マッサージの予約日だったので行って来たのですが
マッサージ前に骨盤の左右バランスを確認して頂いたところ、驚いた事に、なんといつもなら崩れているバランスが取れて整っていると言われたのです。
 
いままで、マッサージやストレッチ、ウォーキングなど、矯正のためにいろいろやってきましたが、一度の施術でバランスが整ったことなんてありませんでした。
楽になった感じはあったのですが、1度で骨格まで整ってしまうとは思いもよりませんでした。
正直、そこまで劇的に変化があるとは思っていなかったのです。
嬉しい誤算でした。
施術を受けて本当に良かったです。
ありがとうございました。
 
千葉県在住
女性
CMさん


○ペットのケース

○余命宣告までされた子も、すっかり元気になりました。

チュチュちゃん、すっかりハゲ治まってきました。
気の流れから、ストレス原因の喧嘩になっちゃう相手まで解っちゃうなんて凄いです。
大家族だと、なかなか現場押えられないし、そんな事でストレスになってるなんて。
キングちゃんには、ママいじめないでって、お話してます。
小さくても、皆解ってくれるんですよね。
 
犬猫もそうなんでしょうけど、
話せないだけでなく、症例も少ない地リスの様な小動物にとって、弱ってる内臓がどこなのかや、ストレスの原因をかなり細かく読み取っていただける事は、とてもありがたいことです。
 
体調崩して、余命宣告までされた子も、先生のお陰ですっかり元気になったし、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
東京都在住
女性 エリアさん
地リス


○ペットのケース

○余命宣告までされた子も、すっかり元気になりました。

東京都在住
女性 Aさん
小鳥


○ペットのケース

○施術後にめっちゃ元気になりました。

遠隔の施術後・・・
それが不思議な事に、いえ当然ですが、グリがめっちゃ元気になりまして~
走る!吠えて主張する!食べる!
施術後のレポートを読んで納得
大もとの原因は自律神経にあり~と言う事で・・・
沢山の気づきをありがとうございました。
汚い話ですが、今朝はウンチをたくさんしましたよ。
これは初めてです
この場をかりてお礼を申し上げます。
福岡県在住
女性 Rubyさん


○ペットのケース

○子猫の真菌病が素早く回復しました。

私はボランティアで猫の保護を行なっているのですが、子猫の捨て猫を保護したところ獣医さんで健康状態は良好だが、真菌性の皮膚炎を起こしていると診断されました。
獣医さんの話では、皮膚炎なので抗生物質を塗る必要があり、完治まで数ヶ月長期の治療が必要との診断でした。
長期となると子猫がすっかり育ってしまい里親探しも大変になってしまいます。
子猫の将来にかかわる問題です。
知り合いの紹介もあり、半信半疑で施術を何度か受けた見たのですが、明らかに皮膚の様子が変わってくるのです。
2週程してからうっすらと毛も生え出して健康そうな状態が戻って来ました。
3週間目に試しに薬を止めてみたところ、そのまま毛がは生えそろい、毛並みの良い可愛い子猫になりました。
先生の施術には驚きました。おかげで子猫の里親探しも再開できます。また機会があればお願いします。ありがとうございました。
神奈川県在住
男性 Aさん
子猫


○ペットのケース

○猫の結石症の体質が改善してきました。

先生、報告です。結石症の体質で、定期的に病院通いしていた我が家の猫ですが、なんといつもの治療サイクルから抜け出しました。
何年間も辛くて大変だったのに本当にびっくりです。これからもお願いします。
神奈川県
男性 Bさん
猫3歳


○ペットのケース
○人間のケース

○老犬が元気になって、私の頭痛も楽になりました。

先日は、色々ありがとうございました。
お蔭様で、我が家の紀州犬がとても元気になりました。
獣医さんに行っても原因不明で、何をしても元気が無く困っていた所、知り合いの紹介でお願いをしましたが、その場で立ちあがり元気になってしまって大変に驚いてしまいました。
またペットだけでなく私の体調不良も見て頂いて大変に助かりました。
長い間悩まされていた肩こりや、腰痛に頭痛まで楽なってうれしく思っております。
少し呂律が回らない様な言語障害的な症状もあったのですが、それすら嘘の様に回復して驚いています。
病院や整体院にも行っていたのですが改善しなくて困っていたのです。
それにペットを連れて動物病院に行くのは、結構大変ですが、訪問で来て頂いて大変に助かりました。ペットも飼い主も一緒に元気になりました。
また一緒に遊べるのが何よりもうれしいです。これからもがんばってください。
ありがとうございました。
追伸、作って頂いたエネルギーグッズとても助かっています。
東京都在住
女性 AO母さん
犬16歳


○ペットのケース

○定期のメンテナンスで元気が安定しています。

千葉県在住
女性 Sさん
フェレット


○人間のケース

○原因不明のままだった難聴が回復しました。

数年前から、耳が詰まるような症状が出て、人の声が聞こえにくいのに、自分の声は大きく聞こえるような不思議な症状が時々出ていました。
肩こり?ストレス?病院でも原因が良く解らなくて、時間が過ぎて症状がなくなるのを、ただ我慢していました。
先生にお話しをして見ていただいたら、今までの症状が、嘘の様に消え、楽になりました。
誰にも解って貰えない辛さだったので、先生にはとても感謝しています。
愛犬の体調管理も含めて、これからもよろしくお願いいたします。
東京都
女性 AOさん


○ペットのケース
○人間のケース

○アメリカ ボルチモアへの遠隔療法。猫も家族も元気になりました。

■ペットの体験
私はアメリカ在住の日系アメリカ人なのですが、ペットの猫(フィル)がアレルギー持ちなので、遠隔療法でお世話になっています。
フィルは、動物病院で検査した所、たくさんの物に対してアレルギー反応してしまうようで、
いつも目、耳、おなかの一部が痒いらしく、いっぱい引っ掻いてしまうので真っ赤にはれてしまったりして、とてもかわいそうなのです。
動物病院のアレルギー検査のもとに、食事を変えたのですが、あまり効果はなく。。
ステロイド注射を打つと良くなるのですが、それをずっと続けていると糖尿病などの副作用が出てくるようで、今後どうしたらいいものか、と思っていた所にこちらの治療に出会いました。
いま治療始めてからというものフィルは、目、耳は痒くないらしく、いい感じでおなかはまだ少し痒いようだけど、ステロイド注射なくても大丈夫そうです。
これからも治療を続けて、痒い所が無くなるといいなぁと思っています。
 
■飼い主さんの体験
これは、とっても不思議な感覚でした。
初めて遠隔してもらった時は、半信半疑でしたが(アメリカと日本という距離に対して)始めに手がじりじりとしびれたように感じたのでソファに横になりその後は、そのじりじり感が全身の色んな所を移動する感じがしてあれ?もう何も感じないな、と思って時計を見たら約束の15分(10分?)がちょうど経った所だったので、とてもびっくりしました。
次の日は体がなんだか軽くなって、いい感じでした。
その他でも、私の義父が膝の手術で入院したのですが 、術後の痛みがひどく、とても弱っていたのですが、遠隔をお願いしはじめてから、私から見ても義父は生気を取り戻したように 元気になって、2~3週間は入院が必要と言われていたのですが、1週間で退院する事が出来ました。
この治療の成果にただただ驚いて、感心するばかりです。
家族ぐるみでお世話になっています。
こちらに出会えて本当によかったなぁと思います。
アメリカ メリーランド州 女性 magさん


○人間のケース

○逆流性食道炎および、ポリープの辛さが緩和しました。

私は、接客業という仕事柄、1日たっていることも多く、またストレスが溜まる事も色々あります。
以前から続く、肩凝りと背中の痛みはもう仕方ないものと諦めていました。
 
整体や接骨医院にも行きました。
確かにその時は楽になるので、「これで大丈夫!」と思うのですが
通い続けても「その場しのぎ」でしかないように思われ始めました。
 
特に今年の夏の暑さは身体に堪えたらしく、肩凝り、背中の痛みに加え
左肋骨の内臓部分にじんわりとにぶい痛みがいつもありました。
 
病院での検査の結果逆流性食道炎およびポリープが見つかり、投薬治療となりました。
 
どちらもストレスの影響も大きく、肩凝りや背中の痛み、胃の痛みとボロボロな状態でした
 
そんな時。あまだ先生を紹介されて、施術を受けてみることにしました。
初めてお会いした印象は「普通の人」(すいません)
しかし、お話しをしていくうちに「話を丁寧に聞いてくれ、言葉使いや雰囲気に安心感のある方」に変わりました。
今までの経緯をお話した後、レベルチェックを受け実際に施術をしていただきました。
身体に触れることはありません。
施術のことは言葉で表現すると「最初に身体に何かピリピリとはいってくる その後体の皮(表現が変ですが)が1枚フワッと剥がれていくような感覚」でした。
 
そうすると、痛みや辛さが薄らいでいくのです
本当に不思議な感覚でした
 
それに施術後。あまだ先生は呼吸法やちょっとしたコツを教えてくださいました。
 
 
その後何度か肩凝りや胃の痛みで苦しい時に、メールで遠隔をお願いしたのですが、
その時もまた同じように何か入ってきて、スーと剥がれていく感覚があり、楽になりました。
 
よく「遠隔治療」という言葉は聞いていましたが、これほどまでにハッキリと感じられたのにはビックリです。
 
実は、過去に2度ほど他のヒーラーの方に「遠隔治療」をお願いしたことがあったのですが、
その時は何も感じる事がなく、「遠隔治療」というものはこんなものなのかと思っていたくらいだったので、あまだ先生の「遠隔治療」の凄さに本当に驚かされました。
 
「自分の体の持つ治癒力を高めていくことが一番」というあまだ先生の言葉が印象的で、
今は教えていただいた呼吸法などを自分でも実践しています。身体がどんどん回復して行く事を実感しています。
東京都在住
女性 ファルークさん


○ペットのケース

○高齢犬の全身ケアで元気回復の報告。

神奈川県在住
女性 Nさん


○人間のケース

○闘病中の母の元気が回復して、私の生理不順が治りました。

私の母は闘病中です。
病名は膵臓ガンです。
初期に体調が悪いと病院へ行きましたが解りませんでした。
救急車で運ばれた時には腫瘍が大きくなっていて、手術で取り除く方法しかありませんでした。
予想以上に大きく、全ては取りきれず投薬で治療していましたが、思うように治療が進まず、放射線治療になりました。
高齢なうえ、もともと食が細い母は、夏の暑さと治療の辛さで体力も、食欲もどんどん落ちていきました。
私は励ますことしか出来ず歯痒い日々を送っていました。
色々な方から色々な治療法を教えて頂きましたが、性格が頑固な母に、色々な治療を受けさせる事は難しく残念に思っておりました。
先生の遠隔治療を知り、これなら私にも手助けが出来るかも知れないと、先生にお願いをしてみました。
きちんと対面してからの方が良いことはわかっていましたが事情を説明して、写真と私からのお話で、母には内緒で遠隔療法をやって頂ける事になりました。
暫くすると、いままで連絡の無かった母から、「今日は食欲があって食事がとれた。」
とか、「体調がちょっと良い」と言う連絡が来るようになりました。
放射線治療がうまくいっていたのかもしれませんが、いままではこんな連絡が届く事が無かったので、先生の遠隔のお陰で食欲が出たり、気持ちが楽になったのではないかと私は思っております。
まだまだ、道のりは長いと思いますが、病気と戦える体力が持てたのは先生のお陰だと感謝しています。
追伸
ご報告があります。
現在、状態が安定して来たとの事で放射線治療が終わり自宅療養中になりました。
それから、私は、学生時代から生理不順だったのですが、
先生に見ていただく様になってから、気が付くと毎月きちんと決まった日に生理が来ることに気がつきました。
特にお願いをしていたわけではなかったので、驚きでした。
体全体の気の流れが良くなったお陰でしょうか?
痛みも軽くなり、予期していなかった事なので、驚きと感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
東京都在住
女性 MA子さんとお母さん


○ペットのケース

○犬の白内障が改善して、元気を取り戻しました。

我が家にはもうすぐ13歳になるパピヨン(女の子)がいます。 食欲もあり元気です。
しかし、この夏ごろから目ヤニが酷いのと目が白っぽく濁りだしたので、動物病院へ行きました。
目ヤニは結膜炎だったので目薬を処方されました。そして目の濁りは加齢による白内障とのこと。
年齢的にも白内障は覚悟はしていましたが、年齢や身体への負担を考えると外科的な処置は
させたくありませんでした。
 
ただ段々白くにごっていく姿を見るのは毎日辛かったです。
こんな時言葉が話せたら、苦しさや辛さを聞く事ができたらと思いました。
 
そこで、あまだ先生にお願いをして、写真と生年月日・性別、現在の目の状態等を書いた
メールを送らせていただき、遠隔をお願いしました。
 
そしてしばらくすると目の濁りがすこしずつ薄くなってきてきました。
本当に白っぽさが薄くなっているんです。
視力も回復して来ているようで、元のような元気な姿を見せてくれる様になりました。
目を見て辛かったことが嘘のようです。
 
もう嬉しくて、その旨をメールしたところ、
また、「私はその子のもっている治癒力を高める手助けをしているだけですよ」と
本当に温かいお返事をいただき感激しました
 
年齢だから。。。と諦めずに、お願いをして本当に良かったと思っています
東京都在住
女性 ショコラ母さん
犬 13歳


○ペットのケース

○てんかん症状の安定化と元気回復の報告

神奈川県在住
女性 Aさん
ねこ


○ペットのケース

○首輪に入った気パワーで別の猫まで元気になりました。

先日は、遠い所ありがとうございました。
実は、あの後、見て頂いた猫とは別の猫の具合が悪くなりまして
再度、先生にお願いしようかと迷っていたところ、それを見ていた娘が、前回、猫の首輪に先生の気のパワーが入っているから、試しに具合の悪くなった猫に付けてみようと言い出したのです。
夜になって見て見るとなんとなく毛艶が良くなったような気がして、朝になったら食欲も出て元気になってしまいました。
診て頂いた猫ももちろん元気ですが、別の猫にまで効果が出たのは驚きでした。
本当に感謝しております。
あまりに驚いたので連絡をさせて頂きました。
千葉県在住
女性 MAさん


○ペットのケース

○ペットマッサージより効果的で、すっかりリピートです。

以前から愛犬の体調が悪く、動物病院でも良くならないので
自然療法を含めて色々な事を試しました。
知り合いがペットマッサージで体調管理をしていると聞いて
試して見ると確かに効果がありました。
これだと思って続けてみましたが、効果が持続しないのです。
別の知り合いの紹介で先生の施術を受けた所
ペットマッサージを受けたときの様に気持ち良さそうにしています。
それから数日経過しましたが、効果が続いています。
それ依頼、定期的に先生にお願いするようになりました。
愛犬も先生を覚えたようで、先生が来ると喜びます。
楽にしてくれるってわかるんですね。
愛犬の体調不良が改善して、本当にうれしいです。
ホームページに書いてある通り、我が家に笑顔が戻りました。
今度は、私も先生の施術を受けてみたいと思います。
神奈川県在住
女性 アロマママさん




 ↓動画でのご挨拶です。

書籍・メディア出演掲載
●77.7MHz FMやまとさん放送の「スマイル♪」「街ナカ☆ハッピーレポート!」に院長が生出演、DJの大城蘭さんからインタビューを頂きました。

●当院が、躍進する注目企業の紹介書籍「COMPANY TANK」2016年11月号に掲載。女優の川上麻衣子さんと対談を致しました。 
出典(クレジット):カンパニータンク 2016年11月号(国際情報マネジメント有限会社 発行)

記事をクリックすると大きな画面で読んでいただけます。

●専門誌「統合医療でがんに克つ」2017年3月号で、当院の施術内容のインタビューが掲載されました。
出典(クレジット):総合医療でがんに克つ 2017年3月号(株式会社クリピュア 発行)
がんに対するペット気功のお話をさせて頂いています。
記事の方はクリックすると大きな画面で読んで頂けます。

●「2017年度版注目情報はこれだ!」に当院の施術の取り込みの取材を頂き掲載して頂きました。
  出典(クレジット):2017年度版注目情報はこれだ!  2017年度版(ミスターパートナー 発行)

当院の取り組みをインタビューして頂き、見開きページでカラー掲載をして頂きました。
記事の方はクリックすると大きな画面で読んで頂けます。

●「Living Life」WebMagazineから当院の取り込みに取材を頂き、 女優の谷桃子さんと対談いたしました
出典 「Living Life」Web Magazine 2017年4月( Living Life co.itd発行)

記事の方はクリックすると大きな画面で読んで頂けます。

 ●「かながわ経済新聞」2007年5月号に当院の取り組みが掲載されました。

記事の方はクリックすると大きな画面で読んで頂けます。
出典(クレジット):かながわ経済新聞 2017年5月号(かながわ経済新聞合同会社 発行)

ペットヒーリング講座のご案内


横浜の気功教室 「ゆるみ気功THEM」で、ペットヒーリングセミナーの講師も担当しています。
プロを目指す方にもお勧めです。
※個人レッスンも行なっていますので、詳細はお問い合わせ下さい。

 

当院は、商工会加入事業者です。

当院は収益の一部を「神奈川県動物保護センター建設基金」に寄付をさせて頂いています。

ありがとうございます。
多くの方に検索されて選ばれました。
ペットのエネルギー療法院ナンバーワン
Yahoo!、Google検索ランキング1位


※クリックすると拡大表示されます

 
Yahoo!、Google検索ランキング1位


※クリックすると拡大表示されます

 
Yahoo!、Google検索ランキング1位


※クリックすると拡大表示されます


メール相談24時間受付中

 
※1営業日以内の返信を心掛けていますが、不着の場合は迷惑メールフィルタ設定をご確認ください。
※返信は、gmail.comからになりますので、迷惑メールフィルタなどの受信設定の確認をお願いします。
 
現在、曜日によっては、ご予約が取りにくい状況になっています。詳細は、お電話でご確認下さい。
※au iPhone回線です。

サイト更新履歴



当院のブログ情報


Twitter始めました。♪
せひ、フォローして下さい。


 

 

 

 

 
リンク用バナーです。
ご自由にお使い下さい。
相互リンクも歓迎します。